空港へは余裕を持って

国内や海外への旅行に飛行機を使う機会も多いでしょう。国際線は2時間前、国内線は1時間前までに空港へ行くべきというのは、何となく頭に入っていて、知っている人も多いのではないでしょうか。しかし、朝が早かったり、忙しかったりすると、空港に到着するのがついギリギリの時刻になってしまうこともありますよね。ギリギリでも飛行機に乗れることは乗れます。しかし、ギリギリだと、飛行機に乗り遅れるリスクがより高くなります。たとえ空港で時間が余っても、空港へは時間に余裕を持って行きましょう。 空港でのチェックインの時間は、国内線か国際線かだけでなく、航空会社によって異なります。利用する航空会社に合わせて、事前にチェックしておくと良いでしょう。

空港へ行く時は万が一のことを考えて

時間に余裕を持った方がいいのは、万が一のことが起きる可能性があるからです。例えば電車やバスなどの公共交通機関を使って空港まで行くことを考えてみて下さい。電車やバスが事故などで大幅に遅れる可能性もあります。そんな時、時間に余裕を持っていれば、他の交通手段を落ち着いて考えることができます。 また、大きな空港の場合、チェックインの場所が分からなくなることがあります。また、空港に到着してからフライト情報の変更などが発生することもあります。そんな時でも、時間に余裕があれば落ち着いて対処することができます。 何が起こるか分からないからこそ、万が一のことを考えて時間に余裕を持って行きましょう。面倒と思うのではなく、逆の発想で、空港での時間を楽しもうと思えば、より充実した時間が過ごせるはずです。